新着情報

リスクを知れば予め対応が出来る

色々な魅力があるジョホールバル不動産ですが、もちろんリスクや注意点もあります。リスクなどを事前に把握しておくと、色々な対応を取ることが出来るでしょう。また、リスクを把握出来たら、現地に行って視察してみるのも良いですよ。

リスクと注意したいポイント5選

完成しないか大幅遅れのリスク

開発会社が資金的に十分ではないとか物件の販売状況が悪いと途中で頓挫してしまったり、完成が大幅に遅れてしたりするリスクがあります。そのため、間もない中小の開発会社の物件には注意が必要ですよ。

不具合リスク

マレーシアでは開発会社によって、物件の仕上げにかなりの違いがあるものがあります。あまり名前が知られていない中小開発会社の物件では日本人では許容できない仕上げの場合もあります。そのようなリスクを回避するためには、信頼と実績がある一部上場企業に依頼すると良いでしょう。

権利や担保に関するリスク

中古取引などで自分がオーナーであるという売り主が実際はオーナーではなかったなどのトラブルもあり、これもリスクとして知られています。取引を進める場合には、必ず現地の弁護士を入れて権利や担保関係の確認をすることでこのリスクはなくなるでしょう。

賃貸できないリスク

日本人が購入することが出来る50万リンギットの物件のテナントはほとんど外国人駐在人に限られています。外国人駐在員の限られているマレーシアでは物件の立地や設備、内装ななどによっては賃貸が難しい物件があるので気を付けましょう。

転売が困難なリスク

物件の立地や内容、売却希望価格によっては不動産の売却を行なうのが難しいケースも存在します。そのため、ジョホールバル不動産などを購入する場合は、出口のこともしっかりと考慮して投資する必要がありますよ。良い不動産を購入することだけではないのを意識しましょう。

現地で物件を見てみよう

模型

不動産視察ツアーに参加する

不動産会社によっては、日本からの視察ツアーを行なっているところもあるので、積極的に参加してみると良いでしょう。このツアーでは現地の視察やホテルの予約、空港送迎などが全てセットになっているので非常にお得です。人気が高いジョホールバル不動産の視察ツアーももちろんありますよ。

現地で物件視察を申し込む

ツアーではなくても、ジョホールバルなどの希望する地域で不動産視察を行なっている会社は数多くあります。現地に駐在しているスタッフとともに日本語と専用車で案内してくれるので、ジョホールバル不動産の購入や賃貸を検討している人にはおすすめです。

現地視察にかかる費用

現地に視察に行きたいと思っていても気になるのは、旅費ですよね。ジョホールバルに視察に行く場合、ツアーだと1泊2日で2万5千円ほどしかかからないです。意外と安いので、気軽に視察に行くことが出来るでしょう。また、マレーシアは祝日が多い国となっているので、祝日と被らないようにスケジュールを組むことも大事です。

不動産について知りたい方は要チェック

男性

マレーシアの物件を見る

マレーシアの中でも特に人気が高いのがジョホールバル不動産です。その不動産の魅力に触れてみましょう。また、マレーシアの物件情報も紹介しているので、併せて確認してみると良いですよ。

READ MORE
一軒家

投資戦略を把握しよう

マレーシアで不動産投資を成功させたい場合に知っておきたい情報が満載です。投資戦略を理解して、不動産投資を成功させるポイントを実行すると良い結果が訪れるでしょう。

READ MORE
男女

不動産に関する税金

不動産売買をするにあたって、税金などは必ず必要になりますよね。そこで、ジョホールバル不動産に関する費用についてまとめてみました。かかる費用について把握したい人は、ぜひ確認してみましょう。

READ MORE
模型

現地で物件を見てみよう

ジョホールバル不動産を行なう前に、起こりうるリスクをあらかじめ把握しておくと良いですよ。発生するリスクを確認して、事前に対策を取ることが重要です。また、リスクを把握したら現地に視察に行くと良いでしょう。

READ MORE
広告募集中