新着情報

不動産に関する税金

男女

ジョホールバル不動産にかかるお金

ジョホールバル不動産を購入・所有・売却を行なう場合は、色々な諸費用や税金などが発生しますが、日本と比較してみても安くて、所有時のコストが低いです。この点が不動産投資を行なうメリットでもあります。そこで、不動産に関わるお金の流れを見てみましょう。

不動産購入時にかかる費用

不動産購入時にかかる費用について、100万リンギット(日本円で3000万円相当)の新築物件をローンで購入した場合で見てみましょう。

印紙税:72万円
売買契約書作成にかかる弁護士費用など:23万円ほど
住宅ローン申請費用:23万円

基本的に購入する際にかかる費用は上記のようになります。

不動産所有時にかかる年間費用

次に不動産を所有した際にかかる年間費用です。こちらも50万リンギットで確認していきます。

固定資産税:3万~7万円程度
維持管理費・修繕積立費:12~20万円程度
保険費用:5万円ほど

所有する物件や加入している保険会社によって違いはありますが、大体は上記のようになります。

不動産売却時にかかる費用

最後に不動産売却にかかる費用となります。こちらも同じく50万リンギットを元に計算するので確認してみましょう。

・キャピタルゲイン(譲渡益)税:45万円ほど
・不動産仲介手数料:117万円ほど

上記が売却にかかる費用です。ジョホールバル不動産を行なう前に、まずは費用について考慮すると良いですよ。

不動産売買についての質問まとめ

不動産は自分の名義で購入は可能ですか?

外国人が不動産を所有できる国や地域は多くありません。自由に所有できる国や土地やコンドミニアムなら所有可能な国など色々あります。マレーシアでは州政府の承認を得ることで、原則所有が可能になりますよ。

外国人が不動産を購入する際の制限はなんですか?

地域によって異なりますが、外国人が購入出来る物件の最低価格が決まっています。ジョホール州の場合だと、特定内物件や一部の物件を除いて、原則100万リンギット以上の物件しか購入出来ません。ジョホールバル不動産を行なう際は気をつけましょう。

契約にはマレーシアに行く必要はありますか?

売買契約はマレーシアの弁護士立会人の下で、購入者本人が署名するので、基本的には現地に行くことが前提となっています。どうしても現地に行けない場合は公証人やマレーシア大使館での認証を受ける方法もあります。

物件の完成前に売却することは可能ですか?

物件の完成(引き渡し)前の段顔では、売却することは原則することが出来ないので、注意が必要です。このような事態にならないためにも不動産を購入する際は、しっかりと考慮して選ぶようにしましょう。

どのような費用が必要になりますか?

基本的に物件予約時や売買契約時、ローン契約時などによって発生する費用が異なります。物件予約時にはお手付き金、売買契約時にはサポート費用や弁護士費用などがかかります。ローン契約時には手数料などが発生するでしょう。

不動産について知りたい方は要チェック

男性

マレーシアの物件を見る

マレーシアの中でも特に人気が高いのがジョホールバル不動産です。その不動産の魅力に触れてみましょう。また、マレーシアの物件情報も紹介しているので、併せて確認してみると良いですよ。

READ MORE
一軒家

投資戦略を把握しよう

マレーシアで不動産投資を成功させたい場合に知っておきたい情報が満載です。投資戦略を理解して、不動産投資を成功させるポイントを実行すると良い結果が訪れるでしょう。

READ MORE
男女

不動産に関する税金

不動産売買をするにあたって、税金などは必ず必要になりますよね。そこで、ジョホールバル不動産に関する費用についてまとめてみました。かかる費用について把握したい人は、ぜひ確認してみましょう。

READ MORE
模型

現地で物件を見てみよう

ジョホールバル不動産を行なう前に、起こりうるリスクをあらかじめ把握しておくと良いですよ。発生するリスクを確認して、事前に対策を取ることが重要です。また、リスクを把握したら現地に視察に行くと良いでしょう。

READ MORE
広告募集中